令和元年度小型移動式クレーン運転技能講習が終了

 

 令和2年2月12日(水)~14日(金)の三日間、公益社団法人ボイラ・クレーン安全協会の主催する小型移動式クレーン運転技能講習が市内の八食センター クリアスタジアム及び株式会社ほくとう八戸支店で行われ、自動車科1年生が受講しました。                        

 小型移動式クレーンとは、走行とクレーン操作(動力で荷をつり上げ、つり荷を水平方向に運搬すること)が可能なクレーンの事で、つり上げ荷重は1トン以上5トン未満であるクレーンのことをいいます。この資格を取得することにより、自動車業界のみならず多方面での活躍が期待されます。