令和元年度 障害者サポート養成講座が終了

 

 令和元年8月23日(金)、介護福祉科2年生を対象に、障害についての理解を深めサポーター活動を行うことを目的として“’障害者サポーター養成講座”を開催しました。

 公益財団法人こころすこやか財団より森様を講師に迎え、精神障害者についての理解を深めました。グループでの価値観交流では、学生間で価値観を比較することにより、価値観の違いを話し合い、相互理解を深めることを通して、多様な価値観を受容する態度の形成や価値観の多様性を理解することができました。さらに、効果的な支援にはまずは相手の話に耳を傾け、相手の価値観を尊重することが大切であることについて指導を受けました。参加した学生は、講習会を終えて、障害のある人の理解を深め誰もが地域で安心して暮らしていけるよう支援する、障害者サポーター制度が必要であることを学びました。

 また、今回の講習会を通して精神障害者のイメージが変わり、一人の人間として相手を受け容れていきたいとの声が聞かれました。

 ご指導してくださいました、公益財団法人こころすこやか財団の皆様には深く感謝申し上げます。