赤十字救急法救急員養成講習会が終了

 

 平成29年8月23日(水)~8月25日(金)、介護福祉科2年生を対象に、「介護福祉士として救命救急に対する正しい知識と冷静な判断力を養い、事故や傷病者が発生した現場において、適切な対応ができる能力を身につける」を目的に、赤十字救急法救急員養成講習会を開催しました。

 日本赤十字社青森県支部の方々を講師に、AEDの使用法、三角巾を使用しての傷の手当て、骨折の手当てや搬送方法などについて指導を受けました。参加した学生は、真剣な表情で取り組み、3日間の講習会を終えて、緊急時に迅速かつ適切に動くことの重要性や、何が起こっても動揺せずに冷静になって対応できることが必要であることを学びました。

 ご指導してくださいました、日本赤十字社青森県支部の皆様には深く感謝申し上げます。