介護福祉科 研修旅行が終了

  平成28年10月12日~14日の3日間、専攻科介護福祉科2年生21名で大阪・東京方面にて研修旅行を実施しました。この研修旅行の目的は、①国際福祉機器展へ参加し最新の福祉用具について学ぶ。②大阪府内の施設見学を通し介護福祉士としての知識を深める。③規律ある集団生活の中でお互いに親睦を深め協調性を養うことです。     

 国際福祉機器展では、国内外の福祉機器メーカー約450社が出展する最大の機器展であり、学生それぞれがブースを周り最新の情報を学びました。学生達は、介護実習でお世話になった対象者を思い浮かべながら最新機器を見ることが出来て大変勉強になったようでした。また、施設見学では、日本の社会福祉事業の先駆者である石井十次氏の意志を受け継ぎ、医療・隣保・介護にわたる幅広い事業を展開している石井記念愛染園を見学しました。

 大正時代から近代的な隣保事業を開始しており、今年で107周年を迎えるとのことでした。この事業所が長年にわたって、変化する地域のニーズへ柔軟な対応しながら事業継続してきた歴史に触れた話を頂き深く感動しました。また、石井十次氏の隣人愛の精神にふれ改めて、家族や兄弟、友人を大切にしていきたいという思いになった施設見学でした。その他の行程では、ユニバーサルスタジオジャパンでの自主研修があり、各々親睦をはかりながら卒業前の思い出づくりとなりました。

 3月の卒業まで残り僅かとなった学校生活においてクラス一同、専門的対人援助職として自己研鑽していこう!と新たな気持ちで取り組んでおります。

 

img_0628-1   img_0642

 

img_0644