OBメッセージ

社会で活躍する先輩からのアドバイス

 

接客のプロを目指して

私は、八戸学院光星学院高等学校工業技術科を卒業後、国家2級整備士になりたいと思い、専攻科へ進学しました。専攻科では、高校よりも一つ一つの物事に対し、深く学ぶことができました。先生方の熱心な指導にも助けられ、無事目標の資格を取得することができました。
また、校外学習では、実際の現場を肌で感じ、接客方法やプロとしての責任の重さを学ぶことができ、自動車整備士としての自覚が芽生えました。
現在、私はこの職場で、板金塗装を担当しています。板金でも自動車整備の技術が必要になるため、専攻科で学んだ知識を土台に、毎日の仕事をこなしながら、経験を積んでいます。
今後の目標は、お客様とのコミュニケーションを大事に、良い接客ができるよう、日々勉強し、少しずつでもステップアップしていきたいと思います。

 

カーショップ日向有限会社 勤務
工藤 大輔さん
第37回生(平成24年3月卒業)

 

 

経験の積み重ねがスキルアップにつながる

私は小さいころから自動車が好きで、自動車の専門学校へ入学し、整備士免許をとって整備士になりたいと思っていました。

八戸学院光星高等学校専攻科では、自動車の基礎的なしくみを理解することから始まり、エンジン構造やシャシなど、実習を通じて自動車全体のシステムをわかりやすく学ぶことが出来ました。

就職してからは、経験したことのないことばかりで、凄く戸惑いました。専攻科で学んだ基礎を自分の技術の土台にし、毎日の仕事の中で覚える事柄がとても大事だと感じました。

今は、スキルを上げるため、経験を積んで知識を増やすことに努めています。日にちを重ねていくうちに、できることが増してきて、やりがいを感じるとともに、整備の難しさも感じ、充実した日々を送れています。

 

青森日産自動車株式会社 湊高台店 勤務
久保 勇貴さん
第37回生(平成24年3月卒業)

 

 

責任のある仕事だからやりがいがある

私は八戸学院光星高等学校専攻科を卒業後、青森トヨペット(株)へ就職しサービスエンジニアとして働いています。
入社したての頃はタイヤの空気圧点検やオイル交換など主に基本的な作業をしていました。更に仕事内容を一日でも早く覚え、お客様や同僚からも信頼される整備士になりたいと常に考えております。
将来の目標は「トヨタ検定一級自動車整備士の取得」と「国家資格一級自動車整備士の取得」であります。
学生時代の勉強は大変でしたが、先生や友人のサポートがあったので楽しく過ごすことが出来ました。また二級自動車整備士の資格を取得させていただき本当にありがとうございました。

 

青森トヨペット株式会社 八戸本店 勤務
菅原 翔大さん
第39回生(平成26年3月卒業)